【素材集めはこれで完結】初心者でも大丈夫!ブログの画像や図表はcanvaで作成しよう

canva-eye-catchデザイン

あなたのブログは文字だらけの単調な記事になっていませんか。

ブログって、多くの種類、サイズの素材が必要で、フリー素材サイトではなかなか見つからない場合も結構ありますよね。

ブログで使う主な画像

☑アイキャッチ画像

☑ヘッダーロゴ画像

☑ヘッダー背景画像

☑ファビコン

☑図表・グラフ

これらの画像をサクッと作れるグラフィックツールがあれば使いたいと思いませんか?

本記事では、そんな願いを叶えてくれる「canva」について解説します。

たむ
たむ

canvaの素材は商用利用でき、そのまま使うこともできます(ただし商品化はダメです)。

☑おしゃれなヘッダーロゴを作成したい

☑ブログに高品質な図表やグラフを簡単に挿入したい

☑illustratorやPhotoshopを覚えるのが面倒

以上のような方は、本記事で紹介するcanvaを使用することをおすすめします。illustratorやPhotoshopなどのデザインスキルは必要ないため、誰でも簡単に使用することができます。

たむ
たむ

デザインの知識はゼロでも納得のいくものが作成できるので、是非、本記事を最後まで読んでいただければと思います。

canvaの活用例

canvaは本当に幅広く活用できます!

canvaとは素材の収集・加工が簡単にできるグラフィックツールです。

canvaの主な活用例

☑ブログのヘッダー画像、ヘッダーロゴ、アイキャッチ画像その他挿入コンテンツの作成

☑SNSのプロフィール・ヘッダー画像の作成

☑YouTubeのサムネイル画像の作成

☑電子書籍の表紙の作成

名刺のテンプレートデザインの作成

☑プレゼンテーション資料のテンプレートの作成

canvaの魅力

・プロによる豊富なテンプレート・写真・素材を使用、加工できる

・デザイン知識ゼロでも高品質も画像が作成できる

・パソコンだけでなく、スマホでも使える

・フリー素材探しがcanvaだけで完結する

・作ったデザインを自動保存してくれる

・透過背景機能付き

・フォントの種類が豊富

繰り返しますが、illustratorやPhotoshopの知識は必要ありません。

テンプレートのパーツを少し変えるだけで、デザイン初心者でも高品質なデザインの画像が作れます。

canvaがブロガーにおすすめの理由

cnavaじゃなくても素材はいっぱいあるのに、どうしてcanvaにこだわるのか?

僕がブロガーにcanvaを進めたい理由は、全部で4つあります。順番に説明します。

理由① 短時間で図表やグラフが作成できる

記事を書くうえで、図表やグラフの必要性を感じることはあっても、記事執筆に時間をとられ、なかなか手が回らないという方は多いのではないでしょうか。

canvaを使えば、必要情報を入れるだけで出来上がるテンプレートがあり、表やグラフを簡単に作成できます。

デザインの種類も多く、見た目にこだわる方にもおすすめできます。

例えば、棒グラフはこんなのがあります⇩

円グラフはこんな感じです。これに、数値等の情報を入れたら完成します。

マインドマップはこんな感じです。

たむ
たむ

他にもたくさんあるため、デザインに困ることはまずないです。

理由② 既定のテンプレートを加工して高品質なアイキャッチ画像を作成できる

先ほども説明しましたが、canvaでは豊富なテンプレート・写真・素材を利用できます。

無料プランプロ
テンプレートとの数→25万以上テンプレートの数→42万以上
写真・グラフィック素材→数多く写真・グラフィック素材→7,500万以上

canvaのテンプレートを使えば、高品質な画像に仕上がります。

例えば、下に表示した画像は、本記事のアイキャッチ画像のもとのテンプレートです⇩

背景はそのままで、テキストを変更、移動して、素材の線を2本入れたら完成です。めっちゃ簡単ですよね。

アイキャッチ画像をこんな感じでサクッと作りたい方は、canvaを使ってみてほしいです。

理由③ ヘッダーロゴ作成に向いている

ヘッダーロゴ作成のポイントとなるのがフォント透過背景です。

canvaはオーストラリア発祥ですが、フォントの種類が多く日本語に対応したものを数多くあります。そのため、自分のブログの雰囲気にあったフォントが見つかりやすいです。

透過背景とは、素材のみを表示し、背景は表示しない設定です。ロゴの場合は文字のみを表示し、背景は表示しないという設定です。

例えば、こちらの、背景が水色のヘッダーロゴがあります。

これをそのままヘッダーロゴとして設定するとどうなるでしょうか?

下記のヘッダー画像をご覧ください。

お分かりのとおり、ロゴの背景が表示されてしまいます。通常、ヘッダー画像とロゴは別々で設定するため、透過背景にしておかないと、上の結果になってしまいます。

canvaは作成した画像をPNG形式でエクスポートするとき、下のように簡単に透過背景にすることができます。ワンクリックです!

すると、ちゃんと背景が透過されます。

理由④ 挿入したいコンテンツがcanvaだけで完結する

ブログで必要な素材は数多くあります。

ヘッダー画像、ヘッダーロゴ、ファビコン、アイキャッチ画像、プロフィール画像、h2見出し下の画像、挿入動画、テキスト、図表・グラフ、その他記事の説明を補助する画像

canvaは上記のものをすべて網羅しています。中でも、アイキャッチ画像や図表は頻繁に挿入するので重宝します。いろんなサイトから探す手間を省いてくれるのはcanvaの魅力です。

また、ブログにはあまり使用することはないと思いますが、アニメーションをMP4(動画)ファイルとしてエクスポートすることもできます。

無料プランからはじめてみよう

canvaは無料でも利用でき、無料プランでも豊富な素材が使えます。

たむ
たむ

基本的にはプロが作成している素材を使うため、質に満足がいかないということはないでしょう。

有料版の「Canva Pro」は無料版よりも圧倒的に素材が豊富で作成の幅が広がり、素材集めも一瞬で終わります。

前述した図表やグラフも、無料プランでは種類が限られていますが、有料版であればたくさんあります。

有料プランもはじめの30日は無料で使えるので、試してみるのもアリだと思います。

最後に

今回は、ブロガー向けに解説しましたが、Webコンテンツや印刷物を扱う他の職業の方でも、canvaは重宝しますので、是非、使ってみてください。

たむ
たむ

名刺やプレゼン資料の作成なんかにも使えます。

ブロガーにとって、記事の内容が一番重要ではありますが、ユーザビリティの高いブログにするには、画像や図表といったコンテンツも不可欠です。是非canvaの導入を検討してみてくださいね。

canavaを使えば、プロフィールのイラストなんかも作成することができますが、基本的には既存の素材を組み合わせて作成するため、完全オリジナルとまではいきません。

プロフィールイラストなどを作成する場合は、完全オリジナルの方が良いので、プロに作成をお任せするのが無難です。「ココナラ」では、プロによる多くのイラスト作成サービスが提供されているので、完全オリジナルの画像を作成したい場合は利用すると良いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。また、今後もよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました