【ブログをサクサク動かそう!】Minify圧縮でWordPressを高速化する方法

minify-eye-catch高速化

運営しているブログの表示が遅くて困っていませんか?

Webサイトのファイルサイズが大きいと、メールの添付ファイルのサイズが大きい時の送受信と同じように、データのやりとりに時間がかかってしまいます。

本記事では、WordPressのテキストファイル(HTML、CSS、JavaScript)のデータサイズを減らす「Minify圧縮」のやり方を解説します。

☑サイトの表示が遅くて困っている

☑サクサク動くブログを運営したい

☑手軽にデータサイズを縮小したい

こんな方は是非、参考にしてください。

たむ
たむ

WordPressは高速化対策をしっかりしていくことで、誰でもサクサク動くブログにすることができます

Minify圧縮とは

Minify圧縮とは、Webページを構築するテキストファイル(HTML、CSS、JavaScript)の不要なコードを削除してデータサイズを縮小する方法です

通常のテキストファイルは、改行スペースコメントなどが使われていて読みやすくなっています。

しかし、これらはページを表示させるうえでは不要な要素です。よって、削除することでデータサイズを減らすことができるのです。

以下は、オンラインツールで僕が使っているCocoonのCSS(スタイルシート)をMinify圧縮する前後のものです。

>>Minify圧縮をオンラインツールで行いたい方はこちら

たむ
たむ

今回は、WordPressでのMinify圧縮のやり方を紹介しますので、上記のオンラインツールは参考程度に思ってください。

サイト高速化の全体像におけるMinify圧縮の位置づけ

WordPressでのサイト高速化は、プラグインに頼りがちです。しかし、プラグインは入れすぎると、データサイズが大きくなってしまい、逆にブログが重くなってしまいます。

よって、高速化対策を重複して行わないために、高速化対策全体におけるMinify圧縮の位置づけを確認します。

高速化処理は、大きく分けて3つあります⇩

・ネットワーク処理の高速化

・レンダリング処理の高速化

・サーバー処理の高速化

そして、今回、解説するMinify圧縮はネットワーク処理の高速化にあたります。

理論上、ネットワーク処理は「通信量を削減する」、「通信回数を減らす」、「通信距離を短縮する」のいずれかの方法で高速化できます(Minify圧縮は通信量の削減に該当)。

WordPressでMinify圧縮を行う場合、編集用のテーマエディタの記述が変わるわけではないので、コードが読みづらくなる心配はありません。

また、Minify圧縮は不要な要素を削除するだけなので、他のコードへの影響を心配する必要もありません。最も簡単にデータサイズを減らせる方法といえるでしょう。

WordPressでのMinify圧縮のやり方

テーマに標準でMinify圧縮機能が実装されている場合

テーマに高速化の機能が実装されている場合は、プラグインを入れずに、その機能を使いましょう。

僕が使っているCocoonはMinify圧縮機能が搭載されており、チェック項目にチェックを入れるだけで、テキストファイルを圧縮してくれます。

テーマに標準でMinify圧縮機能が実装されていない場合

標準で実装されていないテーマを使っている場合はプラグインを使いましょう。

たむ
たむ

ただし、プラグインは無駄にデータサイズを大きくする恐れがあるため、極力インストールするべきではないということを念頭においておきましょう。

今回は、Minify圧縮ができるおすすめのプラグインを2つ紹介します。

①Autoptimize

プラグインを有効化すると、「設定」にAutoptimizeが加わるので、JavaScript、CSS、HTMLそれぞれ最適化にチェックを入れましょう(デフォルトでチェックされていれば、そのままにしましょう)。

②WP Fastest Cache

WP Fastest CacheもテキストファイルをMinify圧縮できるプラグインですが、JavaScriptのMinify圧縮のみ、プレミアムプランにグレードアップする必要があります。

最後に

テキストファイルを圧縮する方法は、Minify圧縮以外に「Gzip圧縮」というものがあります。次回はGzip圧縮について解説しますので、良かったらまた参考にしてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。また、今後もよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました