【PV数を上げるために必要】Webページ表示の仕組みを理解してWordPressブログを高速化をしよう

blog-speeding-up

サイトの高速化って難しいですよね。でも、サイトの読み込みが1秒から3秒になるだけで、直帰率が32%も増えると言われています。

WordPressを使っている多くの方は、プラグインを導入して高速化をしてるのではないでしょうか。

しかし、何の処理を高速化しているのか分からないまま、やみくもにプラグインをインストールすると、データサイズを大きくしすぎてしまって、逆にページが遅くなってしまう場合があります

本記事は、サイト表示の仕組みをおさえ、高速化するべき処理についてまとめたものです。これが理解できると、最小限のプラグインの導入でサイトを高速化できます。

☑Webページを表示する仕組みの全体像をおさえたい

☑ブログのPV数を上げて収益を増やしたい

☑やみくもにプラグインを入れたくない

たむ
たむ

本記事は、少し専門的な内容にはなりますが、高速化はブログの信頼性やGoogleの評価を上げるために避けては通れない道なので、分かるところから実践してみてください。

やみくもにプラグインを入れてもダメ!

WordPressには、サイト高速化のためのプラグインがたくさんあります。しかし、高速化できる処理はプラグインによってバラバラです。

後述しますが、高速化の対象となる処理にはネットワーク処理」、「レンダリング処理」、「サーバー処理があります。この3つの処理のうち、どの処理を高速化してくれるのかは理解しないと、同じ処理を高速化しているプラグインを使って、無駄にデータサイズを大きくしてしまう場合があります。

また、プラグインのリリースはハードルが低く脆弱性があるものも数多く出回っていて、やみくもに入れると、サイトの安全性が損なわれる場合もあります。

導入するプラグインを最小限におさえるためにも、まずは高速化するべき処理をおさえましょう。

サイト高速化とは「Webページを表示するための処理」を速く行うということである

高速化」という言葉が一つの単語になっており、サイトの何を高速化するのかを理解していない方も意外と多いのではないでしょうか。

見出しのとおり、サイト高速化とは「Webページを表示するための処理「高速化」することです。よって、Webページの表示の仕組みを理解する必要があります。

Webページを表示するための処理には大きく「ネットワーク処理」、「レンダリング処理」、「サーバー処理」があり、以下の画像の①~⑧の流れでWebページが表示されます。

西山 悠太朗、小林 睦[著]『現場のプロから学ぶSEO技術バイブル』(2018年7月30日発行)参照

これら3つの処理を速くすることで、サイトを高速化するわけです(ただし、サーバー処理については、ブラウザ側で高速化することはできないため、本記事では解説しないこととします)。

ネットワーク処理の高速化

ネットワーク処理とは、ブラウザ(ユーザーのパソコン)とサーバーとの間でデータを運ぶ通信処理のことを指します。ネットワーク処理を高速化するためには、以下の3つの方法があります。

⑴ 通信量を削減する

⑵ 通信回数を減らす

⑶ 通信距離を短くする

⑴ 通信量を削減する

みなさんは、メールで大きなサイズのファイルを添付して送信に時間がかかった経験はありませんか?

サイトの場合もサイズが大きいと、ネットワーク処理に時間がかかります。サイトに必要なファイルとはHTMLやCSSなどのテキストファイルと、pngやjpegなどの画像ファイルがあり、この2つのサイズを小さくすることで、高速化が図れます。

画像ファイルの圧縮方法→執筆中

⑵ 通信回数を減らす

先ほど示した図をもう一度確認しましょう。

通信回数の削減とは、①~⑧の1連の流れの回数を減らすことを意味します。

①~⑧の流れを経てページが表示されるわけですが、1回の流れで表示されるわけではなく、複数回ブラウザはURLリクエストを行います。つまり、何度も①~⑧を繰り返してサイトは表示されます。

そして、基本的に1回のリクエストが処理されるまでは、ブラウザは次のリクエストを行えません。よって、サイト高速化のためには、通信回数の削減が有効になるのです。

通信回数を減らすための方法は主に4つあります。

プロトコルをHTTP/1.1からHTTP/2にする

・bundle処理→やり方執筆中

・CSSファイル/JavaScriptファイル/画像ファイルをHTMLファイルにインライン化する→やり方執筆中

画像の遅延読み込み→やり方執筆中

③通信距離を短くする

通信速度は基本的にブラウザとサーバーとの距離に比例して遅くなります。

よって高速化のためには、原則、ブラウザを使用する端末とサーバーとの物理的距離を短くする必要があります。もちろん、物理的距離とサーバとの距離が必ず一致しない場合もあります。

CDNについて→執筆中

レンダリング処理の高速化

レンダリング処理とは、HTMLファイル、CSSファイル、JavaScriptファイル、画像ファイルなどを解析し、ブラウザにページを表示させる処理を指します。

レンダリング処理を理解するために必要な知識

・HTMLファイル→サイトのページ構造が書かれたテキストファイル

・CSSファイル→デザイン要素(色、フォント、ページ幅など)が書かれたテキストファイル

・JavaScriptファイル→サイトに動きを与える(パターンによって表示が変わるなど)情報が書かれたテキストファイル

レンダリング処理で最初にサーバーから送信され解析するのはHTMLファイルです。そして、HTMLファイルにCSSファイル等の外部ファイルの記述があれば、その都度サーバーにリクエストし、サーバーからCSSファイル等を受け取り解析します。

解析した情報をもとに、「レンダリングツリー」を作ります。レンダリング処理の高速化とは、ざっくり言うと、このレンダリングツリーを可能な限り速く構築させることで、Webページを速く表示させることを言います。

レンダリングツリーを速く構築する施策は、主に以下の4つです。

⑴ CSSファイルを早期に読み込ませる

⑵ CSSの解析スピードを上げる

⑶ JavaScriptファイルを早期に読み込ませない

⑷ JavaScriptファイルを非同期に読み込ませる

⑴ CSSファイルを早期に読み込ませる

→やり方執筆中

⑵ CSSの解析スピードを上げる

→やり方執筆中

⑶ JavaScriptファイルを早期に読み込ませない

→やり方執筆中

⑷ JavaScriptファイルを非同期に読み込ませる

→やり方執筆中

コメント

タイトルとURLをコピーしました