【ブログ開設までを解説】初心者のためのブログのはじめ方

ブログ開設

ブログで記事を書きたいけど、そもそもインターネットにどうやって自分のページをつくればいいんだろう?

ブログを本格的にはじめたい人や、収益化を考えている人が実際にホームページを開設するところまでの手順を、初心者の方にも分かりやすく説明します。

ブログの開設はインターネット上に家をつくるということである

ブログ開設が難しいと思っている方も多いと思うので、簡単に前おきします。

「ブログを書くこと」は、現実世界でいう「家やお店をつくること」と同じです。(収益獲得を目指すならお店で例えた方が分かりやすいですね)

現実世界とは違い、つくるだけなら低費用かつ短時間でつくれます。

もちろん、ブログの質をよくするためには時間がかかります。ブログの質がよければ、それだけ家やお店の魅力が増していくというわけです。

house

①ブログを書くことは、家やお店をつくること

house2

②ブログの質がよければ、それだけ家やお店の魅力が増していく

ブログ運営が、自分の家やお店をつくり上げることだと思えば、わくわくしますよね。

魅力が増すほどお金も入ってくるようになります。

ブログをはじめる手順

手順① レンタルサーバーと独自ドメインを申し込む

レンタルサーバーとドメインの取得は、一番最初にすることです。

サーバーやドメインと言われてもピンとこないと思うので、先ほどのようにたとえて説明します。

インターネット → 現実世界

ブログ → 家(またはお店)

レンタルサーバー → 土地

独自ドメイン → 住所

まず独自ドメインについて説明します。

初めてのお店や家に行く場合、住所が必要になりますよね。

インターネットも同じで、誰かのホームぺージに行くためには独自ドメインがないと、どこにあるのか分かりません。

ホームページ(家)が魅力的でも、独自ドメインがなければ他のユーザーがたどりつけないのです。

house&land
住所不明

どこにあるんだろう?

ドメインが不明だと、見たいホームページをみることができません。

しかし、住所が分かればたどり着けます。

house&land
tamsite.net

意外と近いな

次にレンタルサーバーについて説明します。

現実世界で家を建てるためには、土地も必要になりますよね。

インターネットでは、サーバーが土地の役割をしており、「レンタルサーバーを申し込むこと」は、現実世界で「土地を借りる」ことと同じです。

land

レンタルサーバー(イメージ)

つまり、手順①は、「インターネット上のどこに(どこの土地に/どの住所に)自分のブログ(家またはお店)をつくるかを決める」というステップです。

レンタルサーバーと独自ドメインの取得に関しては以下の記事を参考にしてください。

手順② レンタルサーバーと独自ドメインを紐づける

手順②も同様にたとえて説明します。

土地を手に入れた場合、法務局という場所で「登記」をしなければいけません。

「登記」って何?

と思った方もいるでしょう。

「登記」とは、帳簿に地番や建物の住所を記録することで、公に「この家は私のものですよ」と伝える手続きであると考えてください。

でも、どうして登記が必要なの?

登記は、自分の家を、他人が「俺のものだ」と言ってきたときに、自分のものであるとを証明できるようにしておくため、に行います。

「レンタルサーバーと独自ドメインを紐づける」というのは、「インターネット上の登記」と考えれば分かりやすいです。

つまり、手順②はインターネット上にドメイン(住所)とレンタルサーバー(土地)を登録し「このホームページ(ブログ)は私のものですよ」と伝えるステップであるということです。

具体的なやり方はこちら→※開設中

手順③ ワードプレスをインストールして初期設定をする

ワードプレスとは、CMSとよばれるホームぺージ作成ソフトのひとつです。

つまり、家やお店をつくるための「工具」と考えればいいと思います。

CMSを使うことは、ブログ初心者にとって以下のようなメリットがあります。

・HTML、CSSその他プログラミング言語を知らなくても利用できる(知っていれば利用の幅が増える)

・記事の作成・更新が簡単かつスムーズ

・ホームページに統一感が出る

・自分好みのデザインに設定できる

…etc

CMS以外にブログを開設する方法もあるの?

他にも、HTML、CSSその他プログラミング言語を使ってファイルを作成する方法や、「無料ブログ」というサービスを使う方法があります。

それらの方法じゃダメなの?


初心者の方がブログを本格的にはじめるなら、CMSを使うのが一番いいです。

HTMLやCSSを学んで一からファイルを作成するやり方は、時間がかかりすぎます。

それこそ、工具なしで家やお店をつくるくらい大変です。(Webエンジニアなどを目指すなら話は別ですが…)

また、無料ブログははじめやすいという点では優れていますが、独自性を欠いたブログになってしまったり、自分で載せていない広告が掲載されるなどのデメリットがあります

なるほど。CMSは何種類もあるの?

CMSはたくさんありますが、基本的にはワードプレスを使えばいいです。

その理由は他のCMSと比較して、次のようなメリットがあるからです。

・カスタマイズ性が高く自由好みのページを作成できる

・ワードプレス自体は無料で導入できる

・利用者が多いため、ネットに様々な情報がある

・信頼性の高いページが作成できる

etc…


わたしがこのブログコンテンツの作成に使っているのも、ワードプレスです。

カスタマイズ性が高いということは、他のページとの差別化をはかりやすいということです。また、信頼性を高くできるような機能も豊富にあるため、ブログの収益化につながりやすいです。

ただし、ワードプレスには次のようなデメリットもあります。

・慣れるまでが大変

・機能が多いので、はじめから完璧を求めると挫折しやすい

ワードプレスでできないことは基本的にありませんが、初心者のうちは焦らず、徐々に使いこなしていくことが一番の近道です。

ワードプレスの導入・初期設定方法はこちら→※開設中

まとめ

最後におさらいです。

最初にレンタルサーバーと独自ドメインを取得します。

tamsite.net(独自ドメイン)

・レンタルサーバー(土地)

・独自ドメイン(住所)

を取得する

次にレンタルサーバーと独自ドメインを紐づけます。

tamsite.net(住所)※登記済み

・レンタルサーバー(土地)

・独自ドメイン(住所)

を紐づける(登記する)

これで、あとはワードプレスの導入・初期設定をして、ブログを書いていくのみです。

ブログを書き始めることができる状態

tamsite.net(住所)※登記済み

     ワードプレス(工具)を使ってブログ(家)をつくる

house&land

ここから先は無限の可能性があります

tamsite.net(住所)※登記済み

本記事は、ブログの開設について、イメージを持っていただくために、現実世界にたとえて説明しました。

今後、ワードプレスの導入・設定のやり方についての記事を掲載する予定ですので、よければまた参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました