【ブログで生きていく!】ブログを始めるための手順を分かりやすく解説

blog-startブログ運営

☑自分の力で稼ぎたい

☑副業を始めたい

☑アフィリエイトの始め方を知りたい

☑不労所得を稼ぎたい

会社に就職して働くということは、一度しかない人生の貴重な時間を組織に捧げるということです。それを当たり前だと思って頑張れる人は良いのですが、仕事で体や精神を悪くしてしまう人や、家族関係が上手くいかなくなってしまう人が多いのも現代社会の実情です。

自分の力で稼ぐ力が身につけば、会社に対して強気になれます。経験を積めば、会社を辞めて食べていくことも可能です。本記事は自分で稼げるようになりたい方のために、その第1歩として、ブログで稼ぐということ及び、ブログ開設までの手順を分かりやすく説明します。

たむ
たむ

わたしは、変革支援ブロガーのたむと申します。収益化まで時間はかかりますが、継続すれば必ず結果は出ます!まずはブログを立ち上げるところから始めましょう!

ブログで稼ぐということはWeb上のお店を建てるということ

ブログ開設が何となく難しいと思っている方のために、「ブログで稼ぐということ」について最初に説明します。

ブログを開設することは、現実に例えるなら「お店を建てること」です。現実とは違い、開設するだけなら低費用かつ短時間でできます。ただし、お店の収益をあげるためには記事を書き、広告を貼り付けなければなりません。記事には大きく次の2種類があります。

①集客記事(ブログにユーザーを集めるための記事)

例)〇〇のやり方、〇〇で高得点を取るためには、〇〇の効果

②収益記事(ユーザーを商品ページにアクセスさせるための記事→広告を貼り付ける記事)

例)〇〇ランキング、〇〇レビュー、オススメの〇〇

①、②の両方の特性を兼ね備えた記事も書けますが、基本的にはこの2種類の記事は別々に作成します。

お店で例えると①は広報担当、②は販売担当になります。(商品を紹介するお店なので、制作担当はいませんね。)

ブログの運営により収益を出すことは、本質的に現実世界の企業活動と同じであるということです。

①ブログを開設することはネット上にお店を建てること

public-relations

②商品を売るためには、集客記事(広報担当)と収益記事(販売担当)を書く必要がある

(補足)

現実世界の多くの企業は、商品を売るために宣伝や営業をしますが、ブログの場合はネットで検索して、興味を持った人が記事に集まるという違いがあります。前者を「プッシュ型マーケティング」、後者を「プル型マーケティング」と言います。

プル型マーケティングであるブログビジネスは、記事を書く前に集客記事に集めたい人を考えて、狙いを定めて記事を書く必要があります。

例)格安SIMを売りたい→ターゲットはスマホの料金が高いと感じている人

2.ブログ開設の手順

それでは、ブログを初めて開設する方のために、その手順を順番に説明していきます。

手順① レンタルサーバーと独自ドメインを申し込む

最初にレンタルサーバーとドメインを取得します。サーバーやドメインと言われてもピンとこないと思うので、先ほどのように現実世界に例えて説明しますね。

ブログ → お店

レンタルサーバー → 土地

独自ドメイン → 住所

レンタルサーバーについて

まず、レンタルサーバーについて説明します。

現実世界でお店を建てるためには、土地が必要になりますよね。インターネットでは、サーバーが土地の役割をしており、「レンタルサーバーを申し込むこと」は、現実世界で「土地を借りる」ことと同じです。

レンタルサーバー(土地)

レンタルサーバーの取得については、以下の記事を参考にしてください↓

⇒⇒⇒【どれがいいの?】ブログを始める際のレンタルサーバーの選び方と申し込み方法

独自ドメインについて

次に、独自ドメインについて説明します。

初めてのお店に行く場合、住所が必要になりますよね。インターネットも同じで、誰かのブログに行くためには独自ドメインがないと、どこにあるのか分かりません。

ブログ(お店)が魅力的でも、独自ドメインがなければお客さんがたどりつけないのです。

住所不明

どこにあるんだろう?

ドメインが不明だと、見たい記事を閲覧することができません。しかし、住所が分かればたどり着けます。

land-shop
tamsite.net

意外と近いな

手順①は、「インターネット上のどこに(どこの土地に/どの住所に)自分のブログ(家またはお店)をつくるかを決める」というステップです。

独自ドメインの取得については、以下の記事を参考にしてください↓

⇒⇒⇒【必ず理解できる!】独自ドメインの種類や決め方を徹底解説

手順② レンタルサーバーと独自ドメインを紐づける

レンタルサーバーと独自ドメインを取得しただけでは、ブログは開設できません。これらの2つを紐づけるという作業が必要になります。現実世界で例えるなら、不動産の「登記」にあたるでしょう。

土地を取得した場合、法務局で「登記」をします。「登記」とは、帳簿に地番や建物の住所を記録することで、公に「この土地(建物)は私のものですよ」と伝える手続きであると考えてください。

つまり、手順②はインターネット上にドメイン(住所)とレンタルサーバー(土地)を登録し「このブログは私のものですよ」と伝えるステップであると考えればわかりやすいと思います。

具体的なやり方はこちらについては、以下の記事が参考になると思いますので、読んでみてください。

⇒⇒⇒サーバーとドメインを紐づけする設定のやり方!お名前、ムームー、バリュー3つ全部紹介!

手順③ WordPressをインストールして初期設定をする

WordPressとは、CMSとよばれるホームぺージ作成ソフトのひとつです。現実に例えるなら、建物を建てるための「工具」です。

CMSを使うことは、ブログ初心者にとって次のようなメリットがあります。

・HTML、CSSその他プログラミング言語を知らなくても利用できる(知っていれば利用の幅が増える)

・記事の作成・更新が簡単かつスムーズ

・ブログに統一感が出る

・自分好みのデザインに設定できる

・SEO対策をある程度してくれるテーマがある

…etc

他にも、HTML、CSSその他プログラミング言語を使ってファイルを作成する方法や、「無料ブログ」というサービスを使う方法もありますが、初心者の方がブログを本格的にはじめるなら、CMSを使うのが一番いいです。

第一に、HTMLやCSSを学んで一からファイルを作成するやり方は、時間がかかりすぎます。それこそ、工具なしでお店をつくるくらい大変です。(Webエンジニアなどを目指すなら話は別ですが…)

また、無料ブログははじめやすいという点では優れていますが、独自性を欠いたブログになってしまったり、自分で載せていない広告が掲載されるなどのデメリットがあります

CMSにもたくさんありますが、基本的にはWordPressを使えばいいです。その理由は他のCMSと比較して、次のようなメリットがあるからです。

・カスタマイズ性が高く自由好みのページを作成できる

・WordPress自体は無料で導入できる

・利用者が多いため、ネットに様々な情報がある

・信頼性の高いページが作成できる

etc…


わたしがこのブログコンテンツの作成に使っているのも、WordPressです。

カスタマイズ性が高いということは、他のページとの差別化をはかりやすいということです。また、信頼性を高くできるような機能も豊富にあるため、ブログの収益化につながりやすいです。

ただし、WordPressには次のようなデメリットもあります。

・慣れるまでが大変

・機能が多いので、はじめから完璧を求めると挫折しやすい

WordPressでできないことは基本的にありませんが、初心者のうちは焦らず、徐々に使いこなしていくことが一番の近道です。

WordPressの導入については次のテックアカデミーのページに分かりやすくまとめられていますので、参考にしてください。

⇒⇒⇒初心者でも簡単にできる!WordPressをインストールする方法

また、WordPressの初期設定項目については、以下の記事が参考になるかと思います。

⇒⇒⇒【記事を書く前にやっておこう!】WordPressブログの初期設定について

3.まとめ

WordPressを導入したら、ひとまずブログの開設は完了です。あとは、ひたすら記事を書いていく作業になるため、本記事の内容は以上になります。

本記事では、ブログの開設についてより具体的にイメージを持っていただくために、現実にたとえて説明しました。実際にブログで稼ぐことはビジネスと同じのため、マーケティングについて学ぶことも有益です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました