【ブログ初心者必見!】キーワード選定の重要性とコツがまるわかり!

kye-word-choice-eye-catch ブログ開設

☑そもそもキーワード選定って何?その必要性は?

☑検索されるキーワードってどんなもの?

☑キーワード選定のコツが知りたい

ブログを始めて間もないころは、キーワード選定の重要性や、やり方に疑問を持つ方が多いと思います。

たむ
たむ

この記事を読めば、ブログでなぜキーワード選定が大事なのかと、キーワード選定の具体的なやり方が分かります!

1.「キーワード選定」って何で重要なの?

ブログにおけるキーワードとは、ユーザーが知りたい情報を求めて検索エンジンにかける単語のことです。

例えば、食事制限に関する情報を知りたいなら、「ダイエット」「」「オススメサプリ」などが考えられます。

キーワードとは、その記事が解決してくれる「悩み」から派生するものだと考えるといいと思います。「ダイエット」「楽」というキーワードは「痩せない・痩せたい」という悩みから派生したキーワードです。

最近、周りからよく「太った?」て聞かれるから、痩せないとなあ…

楽にダイエットできないかなあ…

「キーワード」が「悩み」なら、「キーワード選定」とは、記事が解決してくれる「悩み選定」ということになりますね。つまり、「キーワード選定」はこれから書く記事をユーザーが読むことによって、解決される悩みを明確にするために行うということになります。

このように考えると、キーワード選定がなぜ重要なのかがはっきりします。なぜなら、Googleは、ユーザー(読者)の利便性を第一に考えているからです。

Googleが掲げる10の事実(抜粋)

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています…

(略)

金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません…。

Googleが掲げる10の事実をもとに考えると、SEO評価(検索結果の順位)は、ユーザーにとっての利便性が高いほど(ユーザの悩みを解決してくれる内容であればあるほど)、高くなりやすいということです。

そのため、キーワード選定を行わずに、自分の書きたいことを漠然と書くだけでは、検索結果にすら反映されないということもあるのです。

たむ
たむ

キーワード選定の重要性が少しでも分かっていただけたのではないでしょうか?

2.キーワードってどうやって決めればいいの?

キーワードを決める手順は次の通りです。

①キーワードを漠然と考える

②考えたキーワードで検索結果に表示させることができそうかを分析する

③キーワードを確定させる

①キーワードを漠然と考える

はじめは、何でもいいので記事のキーワードを漠然と考えてください。

この段階で、考えすぎる必要はありませんが、どうしても書くべき記事のネタに困っているようなら、次の基準を参考にしてみてください。

☑自分の経験で記事にできそうなこと

☑今の流行りや話題になっていること

☑Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトを参考にして、どんな悩みがあるか

②考えたキーワードで検索結果に表示させることができそうかを分析する

分析の方法はたくさんありますが、今回はアメリカのWebマーケターが運営するサジェストキーワードツール「ubersuggest」を使う分析方法を紹介します。

ubersuggestのページはこちらから

まずは、ubersuggestにログインして、メニューの「キーワード」を選択します。

検索ボックスが出てくると思うので、①で漠然と考えたキーワードを入れて検索します。(今回は、「ダイエット」にします)

検索すると、以下のように分析結果が出ます。

ubersuggestでは多くの項目についての分析が可能ですが、慣れるまでは次の2項目のみを確認すれば問題ないです。

・検索ボリューム

・SEO難易度

それでは順番に見ていきます。

検索ボリューム

ある悩みを解決してくれるのに役立つ記事が書けたとしても、その悩みを抱えている人がいなければ検索されません。

キーワードを決めるためには、よく検索されているキーワードを知る必要があります。

ubersuggesで検索すると、このように1カ月間と過去数カ月分の検索ボリュームが分かります。

5月の検索ボリュームはモバイルだけでも「月368,000」とかなり多く、ひとまず検索ボリュームだけみれば、記事を書く価値はありそうです。

SEO難易度

次にSEO難易度を見ていきます。

念のためSEOについておさらいします。

SEOとは?

SEO(Search Engine Optimization)とは日本語で「検索エンジン最適化」を意味し、GoogleやYahoo!などが提供する検索結果で、自分のホームぺージを表示させることです。

最適化が進むほど、検索結果の上の部分に表示され、ホームページへの流入数が増えるため、売り上げや利益につながりやすくなります。

つまり、SEO難易度の数値が高いほど、競合サイトが多く、Googleなどの検索結果で上位表示させるためには、かなり質の高い記事が求められるということになります。

キーワードが「ダイエット」でのSEO難易度は「90」です。他のSEO対策の状況や、記事の質にもよりますが、この数値はかなり高く、「ダイエット」だけでSEOの上位評価をとるにはかなり時間がかかるでしょう。

これから書こうとするダイエットに関する記事を、検索結果の上位に表示させるためには、次で説明する「ロングテールキーワード」の選定が必要になります。

③キーワードを確定させる

キーワードが「ダイエット」のみでは、競合が多すぎてSEO上位評価は至難のわざです。

そのため、サジェストされているキーワード候補を見ながら、記事のより具体的な内容がわかるキーワードを選びます。

自分が書けそうな内容で狙えるキーワードを決定します。今回は「ダイエット食事」が書けそうなキーワードだったとします。

「ダイエット食事」の検索ボリューム(VOL)は「月90,500」と「ダイエット」に比べれば少ないですが、それでもかなりの回数検索されていることが分かります。

しかし、SEO難易度は「80」と相変わらず高いため、次は「ダイエット食事」で検索をして、さらにサジェストされているキーワード候補を絞り込んでいきます。

キーワード候補を絞り込んだ結果、「ダイエット食事」の次に表示されている、「ダイエット食事メニュー」は検索ボリュームが「月5,400」とかなり減ってしまいましたが、SEO難易度は37と大幅に低下しました。

キーワードを複数にすると、検索ボリュームが減るかわりに、SEO上位評価のハードルが下がるわけです。

このように、複数のキーワードからなるものを「ロングテールキーワード」と言います。今回は「ダイエット食事メニュー」に決定ということにします。

3.いきなり多くを求めると失敗する

キーワード選定は、自分のブログのレベルに合わせて行うことが大事です。

検索ボリュームが多くかなりのアクセスを期待できるキーワードを選んでも、ブログ初心者のうちは他の競合サイトに勝つことはできません。

はじめの方は、ロングテールキーワードなどの検索ボリュームが少ないキーワードで上位評価されることを目指しましょう。そして徐々にブログを書く力がついてきたら、検索ボリュームの多いキーワードを狙っていくようにすればよいと思います。

ブログの集客をSNSでも行いたいという方はこちらの記事もオススメです⇩

【完全特化】Twitterフォロワー数の増やし方(プロフィール編)

コメント

タイトルとURLをコピーしました