ミニマリスト生活を始めよう

minimalist 生活

「この前片づけたばかりなのに、すぐにものが散らかってしまう」

「何だか疲れるなあ」

「掃除が大変!」

みなさんは、上記のような悩みを抱えていませんか?

今の日本は、以前に比べて魅力的なものが増え、豊かな国になりました。

しかし、それだけ私たちは、「不要なもの」にお金を使い、「ものの管理」や「ものの誘惑」に時間を奪われやすい環境の中にいます。

本記事は、そのような環境からぬけだして、豊かに暮らす「ミニマリスト」の生活について説明します。

ミニマリストとは

ミニマリストとは、単に「所持品が少ない人」を指す言葉ではありません。

ミニマリストとは、不要なものを減らして、「必要最小限のものだけで暮らしている人」のことを指します。ミニマリストの由来は、「ミニマル(minimal 最小限の)」という言葉から派生したと言われています。

ミニマリストの方は、一般家庭には必ずあるようなもの(例えば、テレビや椅子、机など)であっても、必要なければ所持せず、逆に一般的には不要だと思われるようなものでも、自分にとって必要であれば所持します。

ミニマリストの方は、「必要なもの」と「不要なもの」の線引きがはっきりしており、無駄なものに、お金や時間を奪われない環境を自らつくりだしているのです。

ミニマリストになるメリット

①無駄な支出が減る

②家での作業がはかどる

③掃除が楽

④時代にマッチしている

順番に説明していきます。

①無駄な支出が減る

自分にとって必要なものをしっかり取捨選択できるため、無駄なものへの支出が大幅に減ります。

ただし、ミニマリストの方はこの「自分にとって必要なもの」の基準が非常に高いです。先ほども少し触れましたが、テレビや椅子といった一見必需品と思われるるグッズであっても、持っていない人もいます(テレビを持っていない人は、最近かななり増えてきています)。

中には、机の代わりに窓台で食事をしているような人もいるそうです。

②家での作業がはかどる

一般的に、作業に集中するためには、その作業に関係のない「視覚情報」は作業を妨げるといわれています。作業をする際に机の上に不要なものを置かないとことが推奨されるのも、この視覚情報による妨げが理由の一つです。

ミニマリストの方の多くは、視界がスッキリした部屋を好みます。そのため、必然的に部屋に置くものが少なくなり、作業に集中できるようになるのです。

また、作業だけでなく、視覚情報が多いと、様々なことを連想してしまうため、必要以上に脳のエネルギーを使ってしまい、日々の生活が疲れやすくなります。

脳のエネルギーの浪費を抑えるという意味でも、ミニマリスト生活は優れているといえます。

(作業の効率化については、こちらの記事も参考にしてください)

自宅で集中して作業ができる空間づくり

作業効率を高めるアイテム5選

③掃除が楽

管理するものが増えるほど、掃除が大変になるというのはイメージしやすいでしょう。

ものは暮らしを豊かにしてくれますが、あわせて「管理コスト(管理に必要な手間、時間、お金等)」を考えなければなりません。

掃除にかかる手間や時間はその代表的なコストといえるでしょう。

掃除をしなければ、日々の生活に以下のような支障がでます。

・ものをなくす→新しく買う

・探し物に時間がかかる

・健康的被害

・社会的な信用の低下(普段のだらしなさが外部に漏れてしまう)

・気持ちの整理ができない

他にも考えられるものはいくつもありますが、掃除をしないことは、おそらく私たちが考えている以上に代償が大きいのです。

しかし、そもそも管理するものが少なければ、いつでも簡単に空間を綺麗に保つことができます。

ミニマリストの生活は、自分にとって不要なものの管理コストを大幅に減らすことができ、結果的に少ない労力で生活を維持していくことができるのです。

④時代にマッチしている

今の時代の特徴的な部分を3つ上げます。

・持ち家を持たない人の増加

・ネット環境の普及によりどこでも仕事ができる

・所有の時代ではなく共有の時代

以前と比べて、どこかの土地を持って、そこに永続的に住むという人が減ってきています。その理由の主なものとして、終身雇用の崩壊、ネットの普及により個人でどこでも稼げる仕組みの定着などあります。

そうなれば当然、引っ越しの頻度も多くなります。引っ越し業者に依頼する場合、物が多いと多額な費用がかかってしまうことも珍しくはありません。

業者に頼まなくても引っ越しができるくらいものが少なければ、比較的低費用で、簡単に引っ越しができます。車を持っていなくても、レンタカーを借りて、引っ越しをすることも可能です。業者に頼む場合でも、引っ越しに必要なトラックの数を1台でも少なくして費用を抑えることもできます。

レンタカーのように、普段は使わないけど、1回や2回だけ使いたい場合は借りればいいのです。また、例え一度購入しても、ものを買い取ってくれる買取業者がいるほか、メルカリのようなフリマプリも現在はたくさんあります。

必要となれば、その時だけ借りるか、買ってすぐに売却すればことたりる時代になってきているからこそ、ミニマリストという生活様式が成立しているのです。

この流れは、今後もしばらく続くと思われます。

ミニマリスト生活を始めよう

今の自分の所持品を把握していない方も多いと思いますが、まずは、部屋の中を見渡してみてください。その中で、本当にすべて自分にとって必要なものなのかを考えてみましょう。

次に、収納してあるものをすべて取り出し、必要なものと不要なものに分けて、不要なものは捨てるか、可能であれば売却してください。ただ捨てるよりお金にした方がいいに決まっています。

パソコンやスマホがあれば、買い取り業者を家に呼ぶこともできます。売りたいものが多くても、店舗まで運ばなくても良いので、手軽に不要なものを売ることができます。

もし、本やDVD、おもちゃといった商品を売る場合は、「いーきあんど」という買取業者がオススメです。買い取り申請をインターネットから行うことができ、売りたい商品を、商品別ではなく、段ボール等の梱包材に入れてまとめて売ることができます。

また、買い取り価格が気になるものがあれば、事前にラインで金額を見積もってくれるので、安心して売ることができます。

自分にとって本当に必要なものがどうしても分からない、という場合は改めて、自分の生活を振り返ってください。

例えば、今月使ったものであれば必要、使わなかったものであれば不要といったシンプルな基準で問題ないと思います。

自分にとって、本当に必要なものだけを見極めて、疲れにくく、ゆとりのある暮らしを実現させましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました