【人生疲れ切ってしまった方は読んでください!】社会人1年目のたむが仕事から逃げるため仮想通貨にあり金すべてをぶっこんだ話

HSP

こんにちは、たむです。今回は、仕事で疲れ切った社会人1年目の僕が、現状を変えるため、仮想通貨にあり金すべてをぶちこんで、大損したお話をします。

次のような方には是非読んでほしいです。

☑人間関係に疲れ果ててしまう

☑職場に縛られずに生活したい

☑とにかくストレスなく生きていきたい

☑何としてでも現状を変えてやると思っている

この記事は、当初はHSPの方を想定して書く予定でしたが、とりあえず今の人生に不満がある人なら、最後まで目をとおしてみてください。気持ちが少しは楽になるはずです。

なお、この記事は同情を誘ったり情報商材を売りつけるための記事ではありません。苦しくて仕方なかった僕の経験を共有することで、同じように悩んでいる方の気持ちを少しでも和らげてあげることを目的として書いたものです。

たむは社会人1年目ですでに仕事をやめたい気持ちでいっぱいでした

学生から社会人となった僕は、半年後にはすでにその仕事をやめたい気持ちでいっぱいでした。

職場の人間関係は決して悪いわけではなく、福利厚生もしっかりとした職場でした。でも、仕事って理不尽なことが本当に多くて、当時の僕は、その理不尽さがどうしても我慢できませんでした。社会は厳しいって言うけれど、厳しいというより、汚いなって感じました。

「またこのクレームかよ」

「この仕事本当にお客様のため?組織の保身のため?」

「残業が常態化してて入社前の説明と違うんですが…

できて当たり前みたいな顔されても困るんですが…

労働者のほとんどが感じていることだと思います。僕はいつも不満でした。

ただ、同じくらい自分の未熟さも感じていたので、不満を口に出すことはできませんでした。電話口のクレーマーの気持ちもめちゃくちゃ分かるし、上司が大変なことだって痛いくらい分かります。

「なんだか疲れたな、人と関わるのが面倒だ…」

自分で言うのもあれですが、他人を思いやる気持ちは人一倍あると思っています。でも、思いやるあまり本当に言いたいことはなかなか言えません。社会の理不尽さと自分の本心との板挟みで毎日疲労困ぱいし、自分の現状から少しでも早く解放されたいと考えるようになりました。

現状から逃れるためには金、金、金!

「現状を変えるためにはどうしたらいいか?」

僕はこの時、仕事だけでなく、人生全体に不満ばかりでした。自分の本心をさらけだせる友人はいなかったし、恋愛も成就したことがありません。というか、人と関わるだけで疲れ果ててしまって、それどころではありません。でも辛いから何かを変えたい…。

最初に頭に浮かんだ選択肢は転職でした。しかし、人間関係で疲れてしまう自分にとって、転職は根本的な解決にはならないということは容易に想像できました。

「でも働かないと生きていけないし…。」

結局、自分の力でお金を稼ぐこと以外に選択肢はありませんでした。ただ、自分でお金稼ぐのって覚悟が必要ですよね。副業にしたって、ライバルは大勢いるし、そもそも成功する保障はないし。

当時の僕はそうやって、挑戦しないまま自分の道を閉ざしていました。だから、最終的にたどり着いたのが、ほんの少し知識のあった仮想通貨を運用して、お金を一気に増やすというあさはかな答えでした。

これなら、人と関わらなくてもお金が稼げると思っていたんでしょうね。

仮想通貨に全資産をぶちこみました

僕は、仮想通貨についてさらに知識を深めようとはせずに、仮想通貨の値上がり益を期待して、その時持っていたお金のほぼすべてを仮想通貨に替えました。これだけならまだ良かったのですが、血迷って信用取引でレバレッジを4倍にして可能な限りぶち込んだのです。

「上昇トレンド続いているし大丈夫」

「とりあえず1万円増えてくれ」

「増えたらいったん売ればいいや」

本当にアホですよね。信用取引の怖さが分かっていなかった訳ではなかったのですが、それ以上に、当時の苦しい現状から逃れたかったんだと思います。

もちろん、現実は非情でした。詳しい過程には触れませんが、最終的に手持ちのお金は一気に3分の1くらいまで減って、生活費以外はすべて消えました。チーンって感じです。

「どうすれば楽になれるの?死ねってこと?」

「もう何もかもから逃げ出したい、誰か助けて!」

世の中には、僕以上にやばい状況におちいってもへこたれない強い人がいることは知っています。それでも当時の僕は、かなり追い詰められていました。人間関係に疲れ果ててしまっていたのに、誰かの助けを求めたくなるくらいに…

自分に残された道は…

仕事はやめたいけどお金がない

転職はおそらく意味がない

仮想通貨は失敗

次なる選択は…

精神的にかなり追いつめられた僕は、しばらくの間、嫌な仕事と家との往復だけで、とりあえず毎晩お酒で気を紛らわしていました。

「こうやって人は壊れていくんだな…もう、自分の人生に未来はないのかな」

でもやっぱり、幸せになりたいという気持ちは消えていませんでした。今のままでいいなんて微塵も思いませんでした。

長い旅にはなるけど、まずは自分と向き合うことから始めよう、とやっと決意できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました