【競合と差をつける!】ブログのオリジナルキャラクター差別化戦略

original-charactor-eye-catchブログ運営

☑身バレが怖くてプロフィールは自分の顔をアップできない

☑記事のPVが伸びない

☑ブログ執筆のやる気が出ない

☑ブログが固すぎる

☑他のブログと差別化を図りたい

ブログを開始して間もない頃はこれらのような悩みを抱えるのではないでしょうか。

初心者のころは、記事を書くことがとにかく大事であるとよく言われますが、なかなかネタがなくて記事の執筆が進まないんですよね。今回は、オリジナルキャラクター(顔つきイラスト)を取り込むことでブログの質を高める方法について説明します。

この記事を読めば、次のような効果が期待できます。

この記事を読むとどうなるか

・顔出ししなくても、多くの人にブログを認知してもらえPV数の増加に繋がる

・他の記事との差別化が進む

・固い文章の記事を柔らかくでき、ブログに親近感が生まれる

・キャラクターのつくり方、作成依頼方法が分かる

たむ
たむ

顔つきイラストはブログ以外にもSNS等のプロフィール画像にも使えて、使い道が非常に多いです。

プロフィール画像に「顔」を載せることの重要性について

顔には多くの情報が詰まっている

ネット上の記事を読むときに、記事の執筆者がどのような人物か気になり、プロフィール画像を見る人も多いのではないでしょうか?

プロフィールを通して多くの読者に覚えてもらうことができますが、プロフィール画像で特に記憶に残るのは「顔」が写った写真です。顔には人のあらゆる情報が詰まっていて、顔を見るだけでその人の人物像をある程度読み取ることができると言われています。(人が顔を読み取るしくみついて詳しく知りたい方は以下の本『人は顔を見れば99%分かる』を参考にしてみください。)

私たちは、人の顔から多くの情報を読み取っていて、その人がどのような性格なのかを判断し、どのように接するべきかを頭の中で整理しているのです。これは生きるための生存本能でもあり、当然、記憶に残りやすいというわけです。

顔は実物でなくても問題ない!

実物ではなくても「顔」であると認識できれば、人の脳は顔からその人の印象(人物像)を無意識に読み取ろうとするため、より鮮明に記憶に残ります。実物でない顔の代表例がイラストで描かれた顔です。

顔のイラストを描いた経験がある人ならイメージがわくと思いますが、まぶたの方向や目の位置、口の線の向きなど、微妙な変化でそのキャラクターの印象が大きく変わります。

上の顔のパーツを通常として、次の顔をみてください。

口の線を逆さまにしたことで、ムッとした印象になります

たれ目にすると、優しい印象が強くなります。

ネット上に素顔をアップすることに抵抗がある人や、身バレしたくない人はイラストを設定することを強くオススメします。本当の自分の人物像を印象づけたいのであれば、自画像イラストをキャラクターとして設定しましょう。イラストの調達方法は後述します。

オリジナルキャラクターのメリットと注意点について

①読者に認知してもらいやすくなり、PV数が増加する

先にも述べた通り、顔つきのイラストを設定すると読者に覚えてもらいやすくなり、ブログに再度訪問してくれる確率も同時に高まります。

ただし、気をつけるべき点として、読者に安心感を与える印象のものを設定しなければならないという点です。

②吹き出し機能の幅が広がる

多くのWordPressテーマには「吹き出し機能」が標準設定されています。吹き出し機能は多くのメリットがあります。まずは、吹き出し機能のメリットをみていきましょう。

①漫画チックな演出で、読者を飽きさせない

②語尾を統一しなくても、不自然ではない

③主観と客観を区別することができる

ブログで求められる文章とは固いものではなく、読みやすく親しみやすい文章です。

①について、記事全体が文章でしか構成されていなかったら、読者は記事の情報がよっぽど有益でないと読む気になりません。しかし漫画チックな演出を取り入れると、記事に変化が生まれ読者にとって読みやすいものにできます。

②について、文章は「です」「ます」や「である」「だ」といった語尾を統一するといった基本ルールがありますが、固く近寄りがたい印象を与えてしまいます。しかし、吹き出し機能を使えば、要所要所で違和感なく語尾を変えることができるので、タメ口を使って親しみやすい印象を与えることができます。

たむ
たむ

こんな感じだよ~。

③について、科学的根拠や多数派の意見に基づいた客観的な事実を述べる場合は普通の文章で、執筆者本人の主観的な意見を述べる場合は吹き出し機能でといったように使い分けることができます。読者にとっては、主観と客観が区別されていた方が圧倒的に読みやすい文章になります。

自分の分身ともいえるオリジナルのキャラクターを設定しておくと、ブログにあたかも執筆者本人が登場して、読者の悩みを一緒に解決していくという構図が生まれます。吹き出し機能のメリットと同時に、読者との距離が一気に縮めることができるというわけです。

顔つきイラストの調達方法について

発注する場合

現在はブログだけでなく、SNSアイコン、ユーチューブサムネイル、Vチューバ―のモデルなど、キャラクタ-の必要性が高くなってきています。そのため、キャラクターイラストを制作してくれる会社や、スキルマーケットでイラスト制作のスキルをサービスとして販売している人たちが増えており、いずれも、イラストでお金を稼いでいるプロであるため、非常に高いクオリティのキャラクターを制作してくれます。

前述のとおり、キャラクターを設定することは非常に重要であるため、将来への投資だと思って、プロに発注して質の高いキャラクターを調達するのもひとつの方法です。

オススメの制作会社は「株式会社コクリ」

株式会社コクリの「コクリキャラ」は完全オーダーメイドのキャラクターのイラストデザイン作成サービスで、発注者の要望に沿って世界に一つだけのキャラクターを制作してくれます。

こんなキャラクターを制作してくれます
  • ウェブサイトのキャラクター
  • 会社のイメージキャラクター
  • ネットショップのマスコットキャラクター
  • 着ぐるみのキャラクター
  • 看板のキャラクター
  • シンボルキャラクター
  • 広告プロモーションのキャラクター

個人で事業を運営している人にとっては少々高額なため発注をためらう方も多いと思いますが、ネット社会が進みキャラクターの存在価値は非常に高くなっています。将来のことを考えると、その道のプロが制作した完全オリジナルのキャラクターを持っておくことを強くオススメします。

オススメのスキルマーケット「ココナラ」

ココナラは専門的なスキルをサービスとして売っている人が集うスキルマーケットサイトです。

スキルマーケットサイトの魅力は、スキル提供者の実績を確認しながら、実際に発注依頼する人を自ら選ぶことができるところです。また、価格もスキル提供者によって様々であるため、自分の予算状況に応じて受注者を選ぶことができる点も魅力のひとつです。

私が実際に発注したときは、受注者とチャットを使って事前にどのようなキャラクターにしたいか、納期はいつ頃になるかなどを打ち合わせました。また、自分の分身にしたかったので、実際に自撮りの写メを送ったりもしました。

たむ
たむ

ちなみに私がココナラで作成されたオリジナルキャラクターです。

自作する場合

Canvaを使う

Canvaとは、様々な素材からグラフィックデザインが作成できるWebサービスです。

グラフィックデザインを作成するならCanvaで

私はブログのアイキャッチ画像は基本的にCanvaで作成していますが、キャラクターは作成していません。既存の素材を使用するため、完全オリジナルにはできないからです。

ただし、キャラクターを作成すること自体はできるため、ある程度オリジナリティを妥協できる人はCanvaで制作するのもありだと思います。Canvaはグラフィックデザイン制作に特化しているため、高い画質のもが作成できます。

グラフィックソフトウェアを使う

完全にオリジナルのキャラクターを調達したい場合は、グラフィックソフトウェアを使って自作するという方法もあります。私がオススメするソフトウェアは「Adobe illustrator」です。

illustratorでは多種多様のグラフィックデザインが制作できますが、機能が多く専門性が高いため、使いこなせるようになるまで時間がかかります。

しかし、使いこなせるようになれば、オリジナルキャラクターだけでなく、様々なデザインを制作できるようになるため、使って損はないと思います。

illustratorを始める

コメント

タイトルとURLをコピーしました