【騙されるな!】社会保険料は4月~6月の給料で決まるから3月~5月は残業時間おさえてね、は残業対策のうたい文句

social-insurance-loss

あなたの職場は3月~5月は忙しいですか?

上司から「社会保険料は4月~6月の給料で決まるから3月~5月は残業時間おさえてね」と言われた経験ありませんか?

たむ
たむ

3月~5月が繁忙期である場合は、サービス残業をさせるための口実とも言えるこのうたい文句。

確かに、毎月の社会保険料をおさえたいなら、4月~6月の給料をおさえる必要があります。そこで話題になるのが3月~5月の残業時間になるわけです。

本記事では、3月~5月の残業が本当に損だといえるのかを解説していきます。

☑社会保険料の計算方法を知りたい

☑3月~5月の残業が本当に損なのか知りたい

☑上司の話を鵜呑みにしたくない

こんな方は、是非ご覧ください。

なぜ3月~5月の残業が損だと言われるのか?

理由は社会保険料が4月~6月の給料をもとに算定されるからです。

社会保険料の毎月の天引き額は4月~6月の給料をもとに決まります。

この「給料」の中には、「残業(時間外)手当」も含まれます。

よって、冒頭でも述べましたが、毎月の給料から天引きされる社会保険料をおさえたいなら、4月~6月の給料をおさえる必要があります。

たむ
たむ

3月~5月の残業時間を少なくし、翌月の残業手当をおさえることが、社会保険料をおさえることに繋がるというわけですね。

決定した金額は、その年の9月~翌年8月の毎月の社会保険料の天引き額として適用されます。

ちなみに、社会保険料と住民税はよく混同されがちですが、住民税の場合は、前年の1月~12月の給料をもとに計算されます⇩

4月~6月の給料が影響するのは健康保険と厚生年金保険

すべての社会保険が4月~6月の給料に影響を受けるわけではありません。

代表的なものでも、社会保険には以下のようなものがあります⇩

〇健康保険(40歳以上64歳以下の方は介護保険含む)

〇厚生年金保険

〇労災保険

〇雇用保険

このうち4月~6月の給料をもとに算定されるのは、健康保険と厚生年金保険です。

ちなみに、公務員の場合は、ざっくり以下の社会保険が4月~6月の給料をもとに算定されます。

短期保険→健康保険にあたるもの

長期保険→厚生年金保険にあたるもの

健康保険と厚生年金保険の保険料の算定方法

4月~6月の給料が影響するのは標準報酬月額です。

標準報酬月額は原則4月~6月の給料の平均額になります(大幅な昇給、産休・育児休暇明けなどは、随時、標準報酬月額が改定される場合があります)。

厳密には、保険料額表というものがあり、3カ月間の平均額をあてはめて標準報酬月額を決定します⇩

出典:全国健康保険協会(https://www.kyoukaikenpo.or.jp/)

例えば、4月~6月の給料の平均が9万2000円の場合は、標準報酬月額は8万8千円になります。

この8万8千円に各保険ごとに保険料率をかけて足し合わせたものが、その年の9月~翌年8月までの給料から天引きされるというわけです。

3月~5月の残業が本当に損だと言えるのか?

本題に入ります。

確かに、4月~6月の給料の1年間の手取りに影響すると聞いたら、何となく損な気持ちも分かります。

しかし、果たして本当にそう言い切れるのでしょうか?

1年間の手取りの総和で考えれば損とは言い切れない

1年間の手取りの総和で考えれば、損ということはありません。なぜなら、4月から6月にもらえる残業手当もその分増えるからです。

確かに、3月~5月に計100時間の残業をするのと、6月~8月に計100時間の残業をした場合、同じ労働時間でも、社会保険料を多く天引きされるのは前者です。

たむ
たむ

3月~5月が繁忙期の職場はかなり損ですね。

また、4月~6月の残業手当を、1年経たない間に使い過ぎてしまうことも考えられます。

しかし、それでも1年単位で考えれば、残業手当の増額分が、社会保険料の増額分より少ないなんてことはまずありません。

そもそも、前年の3月~5月はどれくらい残業をしたのかといったことも考慮しないと、前年と比べて社会保険料がどれだけ増えるのかといった議論もできませんよね。

社会保険の恩恵を受ける場合もメリットがある

そもそも、保険はいざという時のために加入するものです。

国民が社会保険の加入が義務付けられているのは、いざというときにお金が必要になるからです。

標準報酬月額は、社会保険料の算定以外にも、実際に傷病保険金などの支給額の算定にも使われます。

つまり、3月~5月により残業していた方が、もしもの時のお金の金額が増えると言うわけですね。

しっかり給料明細を見て上司の口車に載せられないようにしよう

上司に言われたから残業時間をおさえるは、社畜への第1歩です。

何事も、自分で事実を確認し、本当に上司の行っていることが正しいのかを吟味する必要があります。

今回の社会保険料の場合、上司は本当に損だと思っているのかもしれません。しかし、何をもって損ととらえるかは、あなた自身で判断することです。

しっかり毎月の給料明細を確認して、あなた自身の考えで残業の是非を考えましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました